EOS-1D Mark III の新機能っつっていんだかわりんだか

2008 MAY 1
 さて,EOS-1D Mark III ファームウェアがVersion 1.2.3に。

 この中で,「マルチコントローラーによるAFフレームのダイレクト選択」が可能になったのが助かる。
 5Dや20Dで「マルチコントローラーダイレクト」っつってたヤツですね。これが後発の1D Mark III ではできなかった。中央1点と自動選択の切り替えはできたけど,その他18点はダイヤルぐりぐり回す必要があって,その操作がどうにもわずらわしかった。
 そんなわけでありがたい機能だけど,下位機種でできてたんだからそんなの初めっから載せといてくれよとも思うのだ。まぁともかく5Dと操作が統一されたので良しとしよう。

 ついでだから,今思いつく範囲で改善してほしい点を書き留めておこう。

■画像再生時のヒストグラムの背景色がマズイ。
 モニターの背景がブラック,その上にグレーの背景のヒストグラム,そしてRGBや輝度のグラフが乗ってるんだけど,このヒストグラムの背景が限りなくブラックに近いグレーで,晴天時の屋外,それも雪山においてはモニターの背景とヒストグラムの背景は判別不可。輝度分布が両端からどの程度離れているのか,或いは離れていないのかが把握できない。まったく困った話だ(白とびはハイライト警告表示でカバーできるが)。
 ちなみに5Dのヒストグラムは明るいグレーの背景で判別可。ファームで変えてくれないかなぁ。色の指定ができるようにとかさ。

 もっといっぱい書いてやろうと思ったけど,あとは思いつかない。追記
 今回のマルチコントローラーダイレクト,外周のAFフレームよりさらに外側に倒すと自動選択になってしまうのが余計だなぁ。ただ突き当るだけにしてほしいんだけど。