Simeulue_1 成田-メダン

2010 FEB 10
Back<< 12345678>>Next
 Love is the mystery〜わたしを呼〜ぶのー。頭の中を中森明菜がぐるぐる回って北ウィングに行き,搭乗予定のシンガポール航空が無いのに気づいて南ウィングへ。成田空港第1ターミナル。

 インドネシア,シメルー島へは,成田からシンガポール,メダンで2回の乗り継ぎ。およそ一週間サーファー撮影に同行です。

成田空港第1ターミナル南ウィング
 ビーサンを持ってないので予め仙台市内のショップを探したら「今の時季はねぇ…」と言われ入手できず,空港内ショップで1575円。

 ここまで着てきた,山行時にバックパックに忍ばせとく保温着とマフラーを仕舞い,二人と落ち合ってチェックイン。
 シンガポール航空のカウンターのオネイサンはめんこかった。イイネ。
 受託手荷物20kg,機内持込手荷物7kgの制限には今回も苦労した。カバン自体も重いのかな。お気に入りの70-200mmは割愛,新調した300mmと×1.4を持っていく。

 11:30のSQ637で,約7時間半のフライト。ちと持て余したけど,彼らはそうでもなかったようです。映画見始めると,ものの数分で眠くなるんです。んでも実は眠れない。
 トイレは意外とたくさんあるが,常に列ができている。億劫になっちゃうな〜。

メシはフツーにウマイ

CAの制服はとぉぉってもめんこい

総2階建てのAIRBUS380

Singapore Changi
International Airport
(チャンギ空港)
 現地時間18:00頃(日本より1時間遅れ),シンガポール,チャンギ空港ターミナル3に到着し,スカイトレインでターミナル2へ移動。でかくて立派で美しい空港です。外はアッツイんだべな。

 乗り継ぎのシルクエアーMI238は19:25発で約1時間半のフライト。短距離なので期待してなかったら軽食が出た。満足。一応国際便だしね。
 インドネシア,北スマトラ州メダンのポロニア空港到着は現地時間19:50(日本より2時間,シンガポールより1時間遅れ)。

Bandar Udara
Internasional Polonia
(ポロニア空港)
 タラップで機外に降りると,むぁっっと重たい夜の熱帯の空気。2008年8月のインド,チェンナイ空港に降り立った時と似た感じ。
 入国審査手前でビザ取得。30日以内滞在でUS$25。
 審査後,荷物を受け取ると,大きな荷物を持ってる者はもれなく中をあけさせられて調べられる。
 こりゃ何だ?こりゃ何だ?といちいち聴かれて手間取り,最後に手荷物引換証を求められ,はっと気づいたら先程まで手にしていたはずが無くなってる!(後にホテルで荷物から出てきた。)
 おろおろしてたら,まぁいいや行ってヨシ,みたいな感じで通され外へ。

 今日は一旦ホテル入り(シメルーへは翌朝の便)。
 客引きやらなんやらで混沌とする空港前をNo Thank Youでくぐり抜け,現地ガイドの車に乗り込む。
 大都市メダンは,勝手にインドのチェンナイみたいな雰囲気を想像していたけど,街は意外と整然としてるし,ゴミは少ないし(散らかっていないわけではない),こざっぱりとした印象でした(夜の車窓からの眺めのみ)。

 市内のHotel Danau Toba Internationalにチェックイン。
 日本仕様の服装(未だにカーディガンを羽織ってた)を熱帯仕様に改める。Tシャツ・短パン・ビーサン。快適!(特に足が)。

Hotel Danau Toba International
 ひとまずBINTANG BEERでお疲れ様〜。
Back<< 12345678>>Next