Simeulue_7 シメルー島サーフ

2010 FEB 15
 夜半過ぎに何故か通電,灯りがつき,扇風機が回りだす。発電機は動いていない。島の通電のルールがよくわからん。

 いつもどおり夜明け前にテラスに出てみれば,なかなかクリアな空気。
 6:20頃,東の空がマゼンダからアンバーへ。これはと思いビーチに出る。美しいです。
 一緒に出てきたkagaくん,「これ,どのぐらい持ちますかね?」と慌ててカメラを取りに戻る。何分も持たないヨ。

牛がやってきた。
 牛の群れが鼻を鳴らしながら大移動中。行く手を横切ったらピタリと止まってコチラをじろり。ゴメンね邪魔して。
 至近距離だとすんごい迫力。歩きながら小便もジャバジャバ。せめて止まってやれんのかね。

朝飯ポイントへ移動中。
 7:10朝飯。トースト,オムレツ,トマト,きゅうり,フルーツ。
 至って快調な胃に対して,腸の働きはイマイチ。頑張ってキバって達成感30%,な具合。
 食後,少々まったりしたのち最終日午前の部。南のポイント。
 8:50。
 遠いのは仕方ない。
 波乗り始まると狙ったようにちょこちょこ邪魔する雲が余計だ。
 ちょっと早めに上がって昼飯まで時間あり。
 絶対入っておいた方がいい!と宿の前のビーチへ誘う二人。うーん,でもやっぱり太陽にやられ気味でヘトヘト…。
 いやしかし,二度と来れないかもしれない南国の美しいビーチ。入らないと後々悔やむことになることは想像に難くない。
 宿に戻って少々落ち着いたところで,気力を振り絞って「やっぱし行こう!」
 つうわけで3人で純粋に海水浴です。
 表面はお湯だけど,中はそれなりに清涼感あり。想像以上にめちゃくちゃ気持ちよくて,美しいロケーションと相まって脳みそはバラ色です。背中を押してくれた二人に感謝。一応持ってきた海パンが役に立った。もちろんそんな写真はアリマセン。
 12:00過ぎに昼飯。
 焼きそば風のなんか?,目玉焼き,揚げたチキン&フィッシュ,トマト,きゅうり,フルーツ,あと何だったっけかな…。またまたもりもり食い過ぎました。

 ゆーっくりお昼寝後,15:40頃午後の部へ。

珍しく山盛りの荷物と人を載せたトラック
楽しそうに手を振ってた
 さて,最終日最後のラウンド。南のポイント。

いい顔だ。

とてもいい顔だ。
 5日間の波乗り,全て終了です。
 楽しかったですネ。
 19:15頃夕飯。
 なんか肉料理とサラダ,ビーフンみないなの,ライス,ミートソース?じゃがいもの素揚げ?炒め?(いい加減でスマン…)

 食後テラスに出てみたら,今ツアー初めての星空!こりゃあ放射冷却(そんなのあるのか?)が期待できるに違いない。寝苦しい夜にサイナラ。

 寝床の準備して,データのバックアップして,パッキング。明朝の便で島を発ちます。湿気から解放される期待少々,名残惜しさ少々。

 夜半過ぎに本当に肌寒くなってブランケットを掛ける。タイヘン喜ばしいことだが,同時にハンパない湿気もやってきた。
 ダメっ,もう飽和します!みたいな,かつてない湿度でベッドもじっとり。おかげで,涼しいのに結局熟睡叶わず。